静岡のお客様から江戸小紋(鮫柄)の着物にできた染みを取ってほしいとのご依頼です。

他店様に一度、見積もりをご依頼されたそうですが、変色を直すことができないと断られて当店に相談頂きました。

小紋は作業難易度と時間がかかる為、通常の染み抜きよりも料金が高くなるのでお客様に目立つ部分を指定していただき作業致しました。

かなり濃い染みでしたので生地の色落ちと薄く変色が残りましたが、染色補正で目立たなくすることができました。

小紋は地色が抜けてしまうと染色補正する時に白場に色が流れてしまい、直すことが難しい作業になります。

漂白による地色の抜け具合によっては直せないこともありますが、当店ではある程度染色補正で直すことができます。

小紋は修正が難しいので相談しても断られることが非常に多いと思いますが他店様に断られてもあきらめずに当店にご相談下さい。

 

  LINEお問合せ大   メール問合せ