いつも大変お世話になっている紋章絵師さんと悉皆屋さんからの合同の着物三つ紋の縁消しのご依頼です。袖の紋二つと背中の紋二つ(背中の紋は合わせて一つの紋になります)の合計4か所の紋の周りの白い部分を見えなくしてほしいとのことです。

難しい色なのであまり合わなくて大丈夫ですと言われていましたが丁寧に作業させていただきました。色合わせで作業した背中の紋1か所は線が薄くなってしまったので紋章絵師さんに再度書いていただきました。

この色は簡単に黄色を乗せればいいというものではなく、黄色に複数の色を混ぜて作り出す複雑な色ですので、作り出すのも難しい色になります。

狭い範囲なので簡単な仕事と思われると思いますが、無くなってしまった色を元通りに近く復元するのは大変時間がかかり、また色を合わせる際に書いてあった紋が滲んだり、縁にだけ色を入れたいのに紋の中のほうに色が流れて紋が汚れてしまうことがありますので、きれいに作業できる方は着物専門で作業されている富山県内では片手で数えられるくらいの方しかできない難しい作業になります。

 

 

 

  LINEお問合せ大   メール問合せ