大変お世話になっている紋屋さんと悉皆屋さんからの合同の着物の一つ紋の染色補正のご依頼です。

背中の紋になりますので紋2ヶ所の染色補正になります。

紋替えで元の紋が樹脂胡粉で書いた紋の為、樹脂が残っていてきれいに抜染できず色も入りにくい為、きれいに染色補正してほしいとのことです。

紋屋さんが表に出ない部分に染色補正の調色用として抜染してくださったのできれいに染色補正できましたので喜んで頂きました。

また小さい青い点の部分は樹脂が乗っていて染料では色がぜんぜん入らなかったので顔料で染色補正しました。

 

色が抜けきっている生地の染色補正は濃さや色味など色の調整、筆での色の濃さの調整など技術的にも高難度な作業になりますので紋屋さんや悉皆屋さんから同じプロとして技術的に信頼していただいているのだと思い、うれしくなります。

  LINEお問合せ大   メール問合せ