着物の問屋様から自分の所で触ってみたが、落とせないので直してほしいとのご依頼です。

 

汚れ部分に傷みと黒ずみがあり、どこか油汚れのある所にぶつけたか、擦ったものと思い、油性の染み抜きを行いましたがまったく落ちず、錆落としの薬品を試した所、黒ずみをきれいにすることができましたが、長時間汚れが付着していたのか変色していた為、復元加工後、染色補正にて目立たなくすることができました。

 

紬地は土台となる色の糸と柄となる糸を交互に織っていくことで柄を作り上げていく為、変色をぼかすときは糸一本一本に色を挿すことを意識して丁寧に作業しました。

 

また先染めの着物は絹以外にも麻や綿なども使用されている為、使う染料も素材によって染まるもの染まらないものがある為、生地に合わせて染料を選択しています。