いつも大変お世話になっている悉皆屋さんからの撥水加工のかかった着物反物の色焼け直しのご依頼です。

両方の肩山、袖山がライトによってはっきりと色が日焼けしてしまい、目立つので直してほしいとのことです。

はっきりと色落ちしてしまっていて線状にくっきり日焼けしていましたが、きれいに直すことができました。

撥水加工がかかっていると染料は水分を含んでいるので弾かれてしまって色を染めたり直したりすることができません。汚れを除去せずに撥水加工をしてしまった場合も染み抜き時に薬品を弾いてしまって染み抜きできなくなることがあります。

また撥水加工を外さずに色を直せたとしても表面に染料が乗っているだけの状態ですので洗浄時に簡単に落ちてしまいますので、撥水加工を外すことができるお店をお選び下さい。

当店では一時的に撥水加工を外すことによって染み抜きや部分的に生地を染める事ができます。