30年前に閉まったままにしていたひな人形を孫のために出した所、白い部分(裳)に大量のカビ変色があり、直してほしいとのご依頼です。

さすがに年数が経ちすぎていてかなり生地が傷んでいたので、生地に傷みの少ない薬品を使用した手作業での弱い処理にて慎重に作業しました。

かなり濃かった部分は直しきれませんでしたがかなり薄くなりましたので喜んで頂けました。

変色がひどくなり過ぎて穴が開いたりしそうな場合は裏から生地を補強して金加工を施したりできますので供養に出される前にご相談下さい。

ひな人形も着物と同じで乾燥剤の交換や虫干しをしていないとカビが繁殖して変色してしまうので一年に一回虫干しをしましょう。また乾燥剤の効果が切れたら取り替えしましょう。

当店では2000円~(人形の数によります)虫干しの代行と収納用の紙の交換・乾燥剤の交換を行っております。